Sugawa Mika のブログ

日々のこと、 生きたい世の中のこと、 演劇のこと

★2017年おででこ情報★http://odedeko.com/
★芦見谷芸術の森★http://odedeko-kyoto.blogo.jp/

演劇

わたし生まれ育ったのが京都です。
18歳までは居ました。
父の会社が倒産したり、夜逃げや転校や両親の離婚や、きゃらばんの地方公演に付いて行ったりと、色々と濃い~10代でした。

演劇を本格的に始めたのはその後東京に来てから。
だから京都では演劇してません。実人生がかなり演劇的でしたが・・・

9年前、「母アンナ・フィアリングとその子供たち」(ブレヒトの肝っ玉おっ母)のイベット・ポッティエ役で、建てかえる前の京都会館(現ロームシアター)の舞台に立ちました。演出はルティ・カネル(イスラエルの女性演出家)でした。

公演は二日間で二回。一回目の公演が終わり、その夜は久しぶりに会う従兄と伯父に連れられて先斗町で飲んで、そしたら父の事で喧嘩になりました。

我が父は傍から見ればガッツがあって面白い男です。基本サービス精神の旺盛な善人ですし、波乱万丈な人生は物語としては興味深いでしょうが、だからこそ自分自身を過信する人で暴れん坊で、それに付き合う身内は大~変な目に遭って来てます。

同じ出来事も、個々の立ち位置と、どの角度から見ていたかという事で、その出来事への評価は変わるのです。演劇をやっているんだから承知の事で、劇中の人物の分析と同じことで、喧嘩することも無かったのですが私も若かったのです。伯父は怒って帰り、従兄と二人で鴨川の川べりで長いこと話しました。泣いて蚊に刺されまくって、明け方近くにホテルに帰って、酷い傷心と二日酔いの状態でそのまま舞台に立ちました。

私が担っていた従軍娼婦のイベット・ポッティエは、登場から酒を煽ってます。
そしてめちゃくちゃにぐるぐる回りながら踊ります。
自分の身の上を嘆いてるけどしたたかに生きてます。
母、アンナから息子の命を助けて欲しいと乞われて、イベットは軍曹との間に入ってお金の交渉をするが・・・
悲しい結末を母アンナに告げるというシーンが有ります。

あの日は酒が残っていたんでしょう。回ってるうちに又酒が回ったんでしょうか。
もう頑張れなかったのは確かですね。キチンとした演技なんか出来なかったんでしょう。

まったく可笑しなことですが、

終演後、演出のルティから大絶賛されました。
ルティの娘さん(イスラエルから来てたんですね)も凄く胸を打たれたそうです。
共演していた長畑氏の娘さんも見に来ていてやっぱり大絶賛だったそうです。
なんかその日のわたしのイベットは違ったらしいです。


怪我の巧妙ならぬ、喧嘩の巧妙か・・・
京都会館での強烈な初出演の思い出です。


演技は頭で考えて、予測の範囲で収まってる内はまあそこそこ。
やっぱり身体ごと。そして身体と心を一致させたとき、何か奇跡が起こる。
毎回そこに心身ともに入るしかない。観客の胸を打ちたいなら。

と言っても、毎回二日酔いで蚊に刺されるわけにはいかないから、
俳優はその状態に自分自身の想像力を総動員して入る。
その想像力こそが俳優の特殊能力。


2016/8/28(日)京都京北芦見谷野外シアターで杮落し。
大変面白い才能が集まってくれました。国内外で活躍するアーティストたち。
杮落しに相応しいラインナップです。是非、芦見谷を体験しに来てください。

詳細は→京都芦見谷のブログ

山奥で特殊な環境です。
みんなこの現場に来ると、想像していた以上のワイルドネイチャーぶりに目がキラキラします。
私はそんな様子を見るのが大好き。

今後毎年夏はこの場所で演劇です。
いや、演劇をツールに色んな事を仕掛けて行きたいと思っています。
さまざまな芸術団体にも滞在創作の場として使って欲しい。


「何で、こんなことを始めたの?」
「お父さんと娘が一緒になって?」

って質問されて、沢山理由が有り過ぎて、なかなか説明が難しいんだけど、


人は人生の中で出会った色んな出来事の合成でその人に成って行く。
私も人生の中で出会った色んな出来事からそうせざるを得ない事をしてる。
ほとんどの人は、自分のしたいことが分からなかったり、するチャンスがなかったりするけど、
今の私はそれをしたいと思っていて、たまたまそれをするチャンスを手にしている。
だったら、今はそれをしようと思う。
それが何になるかとか、
成功するか失敗するかとか、
そんなもん誰にも分からないから、
やってみて上手く行かないならまた工夫するさ。

それに、暴れん坊だった父も年を取って、癌とも長い付き合いになって、
一緒に何かやるなら今だと思うから。


もっと短い明文化した何かが必要なら、「芦見谷は現代人にとって最高に不便な空間で、ネイチャーとアートによって、生きる力を養う場になるって思ったんです。」って事かな。

この企画を進める中で、京北が芸術に力を入れている地域だと初めて知りました。凄いドンピシャな地域だったことにびっくりです。この杮落しにも地元の方が協力してくれています。森林の京北。緑が深くて川も澄んで、鮎が旨い。

そして、京都で演劇し始めるわたしに、9年前に喧嘩した伯父と従兄も協力してくれています。
もうそれだけでこれを始めて良かったと思ってる。


喉元をぎゅっと押さえつけられたような、

窒息感、不快感。

仕方ない。つまりはこの感覚が「今の日本」なんだから。

あ~苦しい。


被抑圧者の為の演劇=フォーラムシアター。
南米ブラジル、1970年代、軍事政権下、
アウグスト・ボアールが創始者。
捉えられ、拷問され、長くヨーロッパに亡命していた。
晩年はその為に膝がすっかり壊れて杖を突いていたそうだ。

非暴力で対話を促す手法。演劇的要素をツールにして、過去を検証し、今を通過して、変化を起こしていく、よりよい未来のために。フォーラムシアターの目的はそこにある。

今を生きてる日本人の何割くらいが、
自身を「被抑圧者」だと認めるだろう?

講師のヤルマーさん曰く
「被抑圧者は、諦めてしまっている人が多い」らしい。
「どうせ現実は変えられない」と思っているそうだ。

ん?こんなに投票率の低い日本は?・・・

抑圧とは目に見えるような分かりやすい物だけではない。
空気、常識、マナー、協調、調和、平和、美しい、愛、家族、可愛い~・・・
一見抑圧とは無縁に思える「キラキラワード」によって抑圧されることもある?

そんなこんなを考えさせられる三日間。
本日19時からその成果発表。
深くて濃い。とてもじゃないけど三日ではその入り口をちらりと覗いたくらい。

ヤルマーさんの言う通り、「これはフォーラムシアターを知る機会」
その通りだ。

でも、時間の長さは実は問題じゃない。たった三日でも私は大きな影響を受けている。

自分が抑圧されていることを認めることは苦しい。
簡単に答えの出ない問題に直面するのはしんどい。

でも、誤魔化し続けても未来は変わらないのよね。
認めないと、次の一歩が出ないのよね。


今日お時間あれば如何ですか?
観劇するというより参加しに来ませんか。
詳細は下記から↓
東京芸術劇場5階シンフォニーホールで19時から。

7/10、おででこVol.9「火學お七」無事に楽を迎えました。
(岸田理生アバンギャルドフェスティバル参加)

去年の秋に参加が決まった時に、アバンギャルドってどんな意味だっけ?と辞書を引きました。
それほどアングラ初心者のわたし。

そこから始まった企画創作は困難でした。
今までは全く見たことの無かった、寺山修司系の劇団などを見に行き、本や資料を読み、キャスティングでは、何人もから「岸田理生はちょっと・・・」と断られ、改めて拾ってしまった火中の栗の熱さに驚き、消沈し、確かに自分が想像していた以上に、岸田理生の戯曲の困難さに胃が痛くなりました。


出演者13人は、ほとんどがおででこ初出演。小劇場で活動する役者が仕事をしながら演劇活動をしているのは今回も同じで、6月から始まった約1か月ちょっとの稽古は、全員のスケジュールがなかなか合わず、最後の最後まで苦しいやりくり。

企画、制作、舞台美術、衣装、宣伝すべてに渡って、予算と人手の無い弱小団体の苦しみが一気に噴出したような創作現場でしたが、有り難いことに作品の評価はかなり高いです。


パーカッションの生音と、低予算で仕上げたとは思えない衣装、美術。照明の美しさ。理生さんの書いたリズムの有る言葉を、フィジカル的に放つ役者の演技法。


舞台は総合芸術。今回は特にそう思う。


演出は芸術監督とも言われるけれど、これまでの公演では個々の役者の演技の底上げをするのが精いっぱいだった。でも今回私はようやく演技指導者の仕事ではなく、演出の仕事をしたと思える。
勿論もっと出来たはずだという悔しさや、忸怩たる思いは有るに決まってるが、本番と言う締め切りに追われる中、今回も様々な問題が起こる稽古を乗り越え、火のつかない役者たちに風を送り、寄せ集めの集団のギリギリの綱渡りでたどり着いた創造の結果は、私自身が観客として楽しめるものとなっていたと言える。皆それぞれがよく頑張ってくれた。


しかし、色んな人がいる。
出演者それぞれがそれぞれの火事を持ってる。
演者は、嘘を誠にするために、自分の全てを掛ける事を要求される。自分自身が火だるまになることもある。全く火が付かずに湿気って、煙ばかりもうもうと吹き上げる事も有る。真っ赤に染まった美しい火柱を吹き上げることも出来る。さて、今回はそれぞれどうだったのかな?


わたしは課題がはっきり見えた。
上手く行かなかったなら、やり方を変える。
変わることに臆病じゃない私は少し得な性格。


だから今は、火事が終わってとにかく嬉しい。
ほっとしている。
私も休養が必要。せめて今週位は・・・


でも、すぐ7月8月の芦見谷の企画に取り掛からないと。
7月29.30.31の空間造り第4弾の参加者募集中です。
詳細はこちら→http://odedeko-kyoto.blogo.jp/
夏休み前半に、打ってつけのこの企画。

どうぞ芦見谷ワイルドパワーを浴びに来てください。





おででこリオフェス初登場まであと4日。

稽古は今日を含めて3日。

7/7(木)の七夕にアゴラ劇場へ。
7/8(金)19時初日。
7/10(日)18時の回で、全五回公演は終了。


10か月に渡る岸田理生さんとの苦悩の向き合いも、もうあっという間で終わる。


昨日は早めに稽古を切り上げ、私は当日パンフ作り。
みんなは稽古場で自主稽古やら道具の手直し。

おやこれは?
初日4日前に当日パンフ作りに時間を割けてるなんて・・・
若しかしたらここ数年なかった余裕の進行かも知れない?


リオフェスに参加することが決まったのが去年の9月。
何本かの戯曲を読み、作品を何にするかで紆余曲折。
理生さんの戯曲は難しいとは聞いていましたが、
そのハードルの高さは、岸田理生初体験の私にとっては予想を越えていた。
読めば読むほど胃が痛くなる始末。

「火學お七」に決まってからも、
あてにしていた俳優にオファーを断られ、
その理由が「岸田理生だから・・・」

最終的に全出演者が確定したのが今年の4月。
もうぎりぎりのタイミングだった。

でも、この最後に決まった出演者曰く、
オファーを受けたのは「岸田理生だから」

岸田理生さんとは、つまり、そういう存在なのだろう。
反発と魅力が共存する強烈な個性を持つ作品群。
だからこそ亡くなって13年になっても、
こうして毎年フェスティバルが開催されているのだ。


さあて、ここまで来ました。
遣れることはやった・・・はずだと思う。
演出して出演する苦しさは毎回のことだけど、
ここにきて一番稽古が足りてないのは私だ。
もう後は、私自身が一人一人にオファーして、
出演してくれている役者たちを信頼して、
私も出演者の一人として、理生ワールドを楽しみます。


従来のおででこファンには、ポップな笑いに満ちた、
おででこらしい演出も楽しんで貰えますよ。

岸田理生だからと観劇される新たなお客さまへは、
おででこなりに向き合った理生作品を堂々とお見せしたい。

この方もわたしがスカウトした、打楽器奏者多鹿大介さんの演奏が、
更に作品世界をくっきりと彩ってくれます。

みなさま~お待ちしています!

******

おででこvol.9 
「火學お七」~ある都市の熾火の記憶~

原作:岸田理生
リオフェス2016(第十回岸田理生アバンギャルドフェスティバル)参加作品

上演台本・演出:須川弥香  

【日程】
2016年 
7/8(金)     19時  
7/9(土) 14時・19時  
7/10(日)14時・18時  
(全5ステージ)

劇場◎こまばアゴラ劇場 
住所:〒153-0041 目黒区駒場1-11-13 TEL:03-3467-2743
*京王井の頭線「駒場東大前」駅
東口より徒歩3分
*「会場には駐車場・駐輪場がございませんので、お越しの際には公共交通機関をご利用ください。」

出演
川原田瑞子、小林大祐、下村真梨奈、末松和佳、須川弥香、高安有紀、知野三加子、瀧澤孝則、友澤宗秋、中谷中、根間永勝、本庄由佳、山下舞、(五十音順)
パーカッション◎多鹿大介

照明:山﨑佳代 音響:斎藤裕喜
舞台監督:清水義幸 
舞台美術:おででこ  
宣伝美術:水野悦

チケット料金 
前売・予約3000円
当日3500円
学割2500円(日時指定自由席)
*受付開始、整理券の発行は開演1時間前、開場は開演の30分前です。
*前売・予約のお客様の入場が優先となります。
*学割は予約時にその旨申し出いただき、当日窓口で身分証提示必要。

チケット予約
おででこサイト内予約ページ
http://odedeko.com/
Tel/Fax 03-6903-2748 
メール odedeko2010@gmail.com

協力
カワサキアリス
劇団S.W.A.T!
HUSTLE MANIA

制作
おででこ制作チーム・山下舞

主催◎おででこ
共催◎理生さんを偲ぶ会 
提携◎(有)アゴラ企画・こまばアゴラ

「五団体すべての公演を一度ずつ観ることのできる「リオフェス・通し券」を8000円にて発売しております。おででこへお問合せ下さい。」

七草七日七十七日
七の杜七墓参り
北斗の空に七つ星
まわりまわって七曲り
七重桜の七変化

七生転じて七赤に
生まれた娘の名はお七
お七かなしや物狂い
七つ下がりの雨の中
消えた男を探しゆく






 





と、進む七月公演の稽古。
稽古期間も半分過ぎたからもうのんびりとはしてられないけど、
稽古場のモチベーションも、創作の密度も良いペースで上がってきている。
キャスト同士の信頼感も。

やることは一杯ある。

衣装の決定、
劇場への下見、
DM発送、宣伝、
大道具制作、
演出プラン、
そして役者としてセリフも入れなくちゃ、
などなどなど・・・

体は一つで一日は24時間で、なかなか難しいです。

今回の岸田理生さんの戯曲は難しい~
でも、一歩一歩確かに進んでます。

出演メンバーは私を含めて総勢13名。
そして今回はパーカッションが入ります。

いつもの如くですが、
出演者へは演出の私が依頼して出演して貰ってます。
みなさんと私との出会いは、別の舞台での共演とか、
おででこワークショップに参加してくれたからとか、
私がお客として舞台を見に行ってスカウトしたりとか・・・
パーカッションの多鹿さんもライブを拝見して、わたし自身がスカウトしました。
だからまあ、
責任重大なのです。
全ては私の責任です。

良い作品作りたいし。
出演者みんなにワクワクして欲しいし。
私自身が演劇には真摯で在りたいし。


先日久しぶりにお会いした神山監督。
お時間が合えばおででこの公演を見に来て下さいます。

「演出は苦しいですね~」
という私に、

「そりゃ~苦しいよ。役者は自分のことだけ考えてれば良いんだから・・・」
と、間髪入れずに出た言葉。
何かお~!と思った。

私、20年ほど前に監督の作品に少し出演している。
役者と監督という立場の時には、聞いたことが無かった言葉です。
私を「演出者」として認めてくれての一言か?

でも役者は又、自分の役の事を考えることが仕事な訳です。
ここで本が読めるかどうかが分かれ目ですけど。
本を読めないと、
目立ってるかとか、セリフが多い少ないかとか、カッコいいとか、可愛いとか低い次元・・・

志が低いとこの辺り。
最近志って言葉あんまり聞かなくなった。
志も聞かないけど憧れも聞かないか。

本物の役者は、人間の美も醜も共に本気で出来るからカッコ良い。まず美とか醜とか分けるのが間違い。人間の営みはエロもなにも全てを内包してる訳で、人間の専門家?研究家?が役者。ある役割を振られて躊躇するのは、生身の人間だと当たり前ですか?でも本来役者は特殊能力者だから、普通の人みたいな躊躇を捨てられないなら辞めた方が良い。

演出だって人間研究がもちろん必要だけど、そこだけではすまない。

5月の頭の「楽屋」で使ったBGを、オペラ歌手の友人が褒めてくれてた。
嬉しかった。
すぐに決定できなかったBG。悩んで決定したBGはショパンだった。
クラッシックの専門教育を受けてない私は、その曲の背景まではよく知らないまま、聞いた自分の感性、感覚で決めてたけど、彼女が言うには、作曲家自身の人生と「楽屋」という戯曲が内包するテーマがぴったり符合していたのだという。

理論で入るか?感覚で入るか?
結果良けりゃどっちも良い。

身近な人に相談して濁ってしまう結論。
信頼している役者であっても、役者と演出は見てる風景が違うから。
仕事のレンジが違うから。
演出としての最終決定は自分と孤独に向き合うしかない。


先日女性演出者三人で飲み。
大変だった現場で出会ってるからこそ同士のように思える人。
その現場で会って、こうして又飲みたいと思える人は余りいない。
この飲みの収穫は、

「目的が違ってしまうと駄目なんだ」って言葉。

シンプルで何気ないけど本質的。
今年の後半のテーマはこれだな

沢山のサジェスチョンや気遣いも、善意から発しているからこそ困った足かせになったりする。
でも、結局はわたしだよ。わたしが目的を見失わないなら大丈夫。

「火學お七」面白くなると思います。
キャストみんな良いですよ。
わたしのキャスティング割と褒められます。
今回も良いですよ。適材適所です。
おででこなりのアバンギャルド、見て欲しいです。


お七が終わったら7月29(金)-31(日)の京都の山での空間造り。参加募集中です。

8月はまた京都の山でこけら落としの予定。
この企画を共に乗って進めてくれる仲間にもめぐり会いました。
物事は進む時には進む。

出会いって凄い。
別れが有れば出会いも有る。
必要な再会も果たしている気がする。

近日詳細発表します。
全ては目的を見失わずに一歩一歩でね。
 

燐光群アトリエの会「楽屋フェスティバル」閉幕から1週間。
おででこの出番終了からは10日。

どっぷりと、骨の髄まで沁み込んだ疲労からの回復がなかなか思うようにいかず、ようやく昨日あたりから、脳の芯の痺れというか、情報過多からの思考のくもりと、心身にビトっとまとわりついていた、重たい強迫観念から解放されつつあります。

芝居ってこんなにも疲れるのね~と年々その思いが強まります。

さて、次!に行く前に、今回の振り返りを。
         
さっさと流れ去りますからね時は・・・

楽屋、今回改めて取り組み、その深さを知りました。いや・・・清水邦夫と言う作家の懐が深いのですわよ。
13147438_1038693502888408_3486619285937907128_o
13131770_1038693596221732_2049953736088251690_o

自分たちの本番前に、おででこチーム何人かで、他団体の「楽屋」を観劇しました。
合計三団体を見ましたが、これが同じ戯曲かと?!演出によって、捉え方によって大きく印象が変わるんですね。その個々の捉え方をまた許すんですねこの戯曲は。違いを受け止めて、それなりに成立させています。つまり戯曲の行間が豊かだからでしょうね。

ちなみにおででこ演出では、と言うか私は、「楽屋」をよく言われる女同士の戦いとか、女優の業の物語とは捉えていませんでした。もっと言うなら幽霊の物語とも捉えてませんでした。それが成功していたんでしょうか?
おででこの楽屋を面白がって下さった方が何人もいて、嬉しかったですね。

10日のフェスティバルの打ち上げで、他団体さんとも少し交流できました。
私は残酷さではなく、横の繋がりに飢えてるんですね・・・
これを機会にまた今後も繋がって行きたいわ。
そういう意味では、無理目のスケジュールをでしたが、フェスに参加して良かったです。


そして、次ですね。岸田理生アバンギャルドフェスティバル。

「火學お七」

台本に向き合っていますが、悩ましいですね~難しいですね~
これもすげ~~疲弊しそうです!
なんと来週からもうプレ稽古が・・・

ちょっとぶっ飛ばし過ぎな上半期です。
死なないように頑張ります。

 

昨日は、ここ数年ほぼ毎回おででこのチラシデザインをしてくれる悦さんと、7月公演のチラシの打合せ。メールや電話では連絡しているものの会うのは久しぶり。

ご無沙汰の間に色々お互いに環境の変化もあり、その報告が尽きることがなくて、5時間の居酒屋滞在があっという間。ラストオーダーでお店を追い出されて駅に向かい歩きながらもしゃべるしゃべる私たち。

悦さんとの付き合いもかれこれ15年以上になった。
会う頻度はさほど多くはない。何年も会わないときも有るけど、彼女とは、求めている心地よさや理想や、大切にしたい根本がどこか似ていると思える安心感がある。

昨夜悦さんが、私は9の人で、悦さんも9の人だという。
9の人・・・このパターンは初めて聞く。
誕生日から割り出した有る数のことで、1-9の数によってその人の本来の性質とか、性格とか、求めている理想とかが分かるらしい。統計学であり、ある種のスピリチュアル。

そして私が話すことや考え方がまさに9の人~!って感じらしい。
9同士の理解が早いのは、これは道理だそうだ。9と1は遠いけれど隣り同士だから理解し合えるってことも言えるんだって。面白い。

でも実社会では、隣り同士でも同じでもない人との関わりの方が圧倒的に多い。この理解し合えない人とどう付き合って生きていくのかがまさに人生で、だから、生きることはすなわち修行なのだな~と二人で納得し合った。


おででこ京都の山企画、第三弾の報告が遅れてますが、「楽屋」の本番まで実質10日になり、脳と時間をそちらに回せません。5/5.6.7の「楽屋」終了後にご報告の予定です。

ここからの稽古でぐぐぐっと作品は深化します。
厳しくも苦しくも楽しい稽古稽古稽古・・・

「おででこの楽屋」前売り絶賛発売中!
おででこサイトよりご予約頂けます。 http://odedeko.com/


 

昨日は新月でした。

新月の昨日、おででこ新サイトがオープンしました!
http://odedeko.com/


まだ下書き中のカテゴリも有りますが、徐々にアップして行きます!
新しい情報も今後はこちらにアップします。ブックマークしてくださいね~!


そして!

おででこ京都の山プロジェクト第三弾! 間もなく締め切りです。4/10(日)

気軽に行くよ~と言える距離でも環境でも無く、
都会生活者には幾分ハードルが高いのは確かなのかもしれませんが、
実はハードルを上げていたのは自分自身の思い込みだったと思うかもしれませんよ。

だから、やっぱりお誘いしたい。
多くの人に体験してほしい。

ワイルド、ネイチャー、スロー芦見タイム。
http://odedeko-kyoto.blogo.jp/ 

春の芦見谷でお待ちしています~!




 

↑このページのトップヘ